2019年1月26日 (土)

ネギがつぎつぎに食べられる

ヨシ屑をまいたところのネギは、すくすく育っていましたが、

次から次へとネズミに食べられています。 
.
ネギを収獲しようとしたら、短い!
下半分がなくなっている!
下からかじられています。
.
.
.
20190126na_2
.
.
20190126na_3
.
.
.
20190126na_4
.
.
.
玉ねぎは順調に育っています。
.
.
20190126na_1
.
.


2018年11月15日 (木)

玉ねぎの定植!

11月15日、今日は玉ねぎを植えました。

みんなで作業できました。
.
9月9日に種まきをして、ハウスで育てた苗です。
甘くてやわらかい早生の品種と、一般的な品種、そして赤玉ねぎの3種類です。
.
毎年、11~12月に数回霜が降りることがありますが、だいたい霜でやられます。
また同じ時期に突風が吹きつけて、マルチのビニルがめくれあがって、ぼろぼろになったこともありました。
色々対策もしていますが、今年はぶじ育ちますように
.
.
20181115na_1
.
.
20181115na_2
.
.
20181115na_3
.
.
20181115ban_2
.
.
Dscf4054
.
.
.

2018年10月20日 (土)

ヨシ舟のヨシを畑に

生きもの元気米の活動がはじまってから、9月、10月はとても忙しくなり、毎年あっという間に過ぎてしまいます。

農家さんと契約したお米の受け取り、つくっている生きもの元気米の稲刈り・稲架干し、七豊米のみんなでの稲刈り・稲架干し、脱穀・籾摺り、それから毎週のマルシェ、そして新米の販売!

農作業だけでも目一杯な感じになります。
でも、田んぼをつくっている農家さんは、みんな大忙しの季節です。
.
.
20180920na_rimg4768
.
.
.
.
Rimg4981
.
10月9日、河北潟自然再生まつりを前に、干拓地に展示していた古いヨシ舟を解体しました。その解体したヨシ屑を、すずめ野菜の畑に運びました。
.
使い古したヨシは良い肥料になるという話があります。
むかし屋根ふきに使われたヨシも、古くなってとりかえた後、肥料にしたそうです。それがとても良い肥料だったとか。

みんなの手でつくられたヨシ舟、さいごは野菜の栄養分になります。
解体には、石川フォレストサポーター会さん、干拓土地改良区さんのご協力をいただきました。
.
.
撒いたときの写真を撮り忘れてしまったのですが、、
撒いたところの近くに、ニンニクを植えました。
すでに植えていたネギの間にも、ヨシ屑をまきました。
.
.
20181012na_1
.
.
ニンニクの定植(2018年10月12日)
.
.
20181012na_2

2018年9月 7日 (金)

野菜を食べる虫たち

害虫がいたら写真を撮ろうと思うのですが、夏は農作業やそのほかの仕事に追われ、つい後回しにしてしまいます。

でも今回すこしだけ撮れたものを掲載します。
.
.
20171108na_1
.
おなじみ、白菜やキャベツにつく虫。
モンシロチョウ。
葉っぱと同じ緑色で、見逃しやすい。
3齢、4齢のものを見逃してしまったら、一日で食べるところが残っていないくらい大変なことになる。
.
キャベツ、白菜、ブロッコリーなどアブラナ科の植物に黄色い卵を産卵して、葉をもりもり食べて成長するので、無農薬でつくる場合には、毎日見回らないといけない。そして見つけたら退治します。
.
春の発生した頃は、天敵もいなくて、人の手で一匹ずつ退治していくしかないけれど、その後はハチがやってきたり、鳥がやってきたり、意外と食べられてもいます。でも生き残りもいるので、見回りはしないといけませんが。
黄色の卵の段階で、退治できたら簡単。でも、とても細かい仕事で、ついその時間をつくらない。卵の段階で退治するのが一番楽なことだとわかっているのに。
.
.
.
Yotouga_rimg7985
.
ヨトウガ。ヨトウムシとも呼ばれている。
この虫は終齢の大きくなったときに土の中にもぐり、夜間に接触する。
キャベツやチンゲンサイなどを定植すると、いつも数株これにかみ切られて、ダメになってしまう。
土の中にもぐるので、なかなか見つからず、やっかいな虫です。
.
.
20180907na_2
.
ナスには、以前に紹介したニジュウヤボシテントウという害虫がいますが、今年は、韓国から種を買ってきて育てたナスにだけ、芋虫がついて、すごく食べられました。皮がやわらかくて食べやすかったのかな?
.
.
.
20180907na_1
.
.
.

2018年8月30日 (木)

ギンヤンマが一匹いついていました

今年は畑にギンヤンマが一匹いついていました。
ハウスの中に入って、ばたばたしていたところを捕まえて、外に放しましたが、しばらく一週間くらいは見られたように思いますが、畑のハウスとは反対側の畝の上を飛び回っていました。

.
.
20180818na_2
.
ギンヤンマ、美しいトンボです。
.
.
20180720na_2
.
クマバチの写真が撮れました。
クマバチはよく見られます。でも一度に何匹もみられることはありません。
キュウリの花は好きみたいで、毎年みられます。
もこもこしていて愛らしいです。
.
20180720na_kyuuri
.
.
同じハチでもスズメバチは要注意。オクラの花やズッキーニの花にもぐりこんでいることがあって、はらはらします。
.
20180815na_2
.
今年は空芯菜がよくできて、マルシェでも大変人気でした。
.
豆の類も今年は豊作でした。
青空によく色が映えます。
.
.
20180815na_1
.
.
.

2018年8月18日 (土)

1時間に100mmの雨!

この夏、すずめ野菜の畑があるあたりでは、雨の降らない猛暑日が続いていましたが、8月16日10時半~11時半頃に約100mmの猛烈な雨が降り、記録的短時間大雨情報が発せられました(石川県かほく市)。午後には、ほとんど降りませんでしたので、本当に一時的な大雨でした。
.
おかげで、残り少なくなっていたタンクの水が満杯になり 、畑も潤った感じです。
.
.
Rimg3961
.
.
.
砂丘地では、雨が降らない暑い日が続くと、砂の地面がかんかんに乾いてしまいます。そんな状態になると、砂が水をはじいて、地面の中になかなか染み込みません。雨が降っても砂の表面を水が流れていってしまいます。
大雨ではありましたが、「水がほとんどしみ込んでいない。」といった地元の方の声も聞かれました。すずめ野菜の畑でも、少し潤ったから良かったといった感じです。
.
.
Goya_20180817na
.
Rimg3976
.
台風の翌日は、青空がひろがって、気温も下がり、一気に秋を迎えたような雰囲気でした。この日はマルシェでしたので、午前中は大忙し。草取りや、人参の種まきもしました。
.
.
Rimg3979
.
.
金沢駅近郊の方には、ぜひマルシェに足を運んでいただけたらと思います。
.
.
.

2018年7月30日 (月)

半分青い ズッキーニ

黄色のズッキーニと、緑色のズッキーニ、よく「味は違うんですか?」と聞かれます。味の違いを感じませんので、「ほとんど一緒ですよ。」と答えています。

.
.
Rimg2237
.
.
育てていると、今年は、黄色のズッキーニのほうが生長がゆっくり、ダイナーは元気でしたが、早い段階で収穫できなくなりました。

黄色の品種「オーラム」は、緑の品種「ダイナー」の姉妹品種とのこと。

ズッキーニが大きく育って、最盛期が過ぎた頃になると、まっ黄色のオーラムがとれなくなります。黄色と緑色の混ざったズッキーニができます。もちろんダイナーは緑一色です。
.
.
Photo
.
.
黄色のズッキーニ・オーラムは、まだ品種改良が十分ではないのかもしれません。
半分青いズッキーニです☆

.
.
.






2018年7月14日 (土)

モリアオガエル生まれました。

すずめ野菜の畑は、砂丘の上にありますが、カエルやクロサンショウウオがすんでいます。はじめて見たときは、こんな砂の乾いたところに生息できるの?! と、とても驚きました。

.
Rimg0427
クロサンショウウオ
.
.
Tonosama_20130603kuro
トノサマガエル
.
.
.
砂丘の畑では、水が足りなくなりますので、このあたりの地域では畑の端っこに、雨水を溜める桶などが置かれているのが普通です。
モリアオガエルは、そうした人がつくった水場をうまく利用しているのです。
毎年夏になると、隣の畑からモリアオガエルの鳴き声が聞こえていましたが、今年はすずめ野菜の水場の近くで鳴くようになりました。
.
.
20170611na_1
.
.
昨年の6月に、カエルやクロサンショウウオの命の水になればと、小さな池をつくりましたが、今日見てみましたら、おたまじゃくしがたくさんいました。
つくってから2年が経ち、落ち葉や土など適度にたまって、池の周りは草が茂り、となりの桶から流れ落ちる水が良い具合に入って、とても良い感じです。
おたまじゃくしも元気に動き回っています。
.
.
20180714na_2
.
.
2
.
.
.
20180714na
.
.
.
ちなみに、畑の端っこに置かれている桶は、トンボのすみかにもなっています。すずめ野菜の畑では、今の時期、真っ赤なショウジョウトンボが姿を現します。
.
.
.

2018年7月13日 (金)

人参がつぎつぎに食べられています。

人参が毎日何本もネズミに食べられていきます。

大きくなってきた人参から食べられていきますので、とても悲しいです。
.
.
20180713na_1
.
.
20180713na_2
.
.
人参の頭の部分だけを残して、下から見事に食べられています。かなり味をしめているようで、順番に毎日食べていっています。ただ、細いものは残っています。
犯人は、ハタネズミです。
(20年くらい前に撮影した写真があるのですが、すぐにでてきませんので、前に描いたイラストをのせます。可愛いネズミなんですけどね~)
.
.
Photo
.
.
名前の通り、畑のネズミです。
尾が短く、足も短く、ずんぐりむっくりした体つきで、地面の浅いところを掘って移動する、根菜大好きのネズミ。土を踏み固めたり、赤唐辛子を地面に刺したり、ニンニクで臭いをごまかそうとしたり(これは逆効果でした)、ネズミが嫌がると言われる音を設置したり、色々対策していますが、防ぐことができません。困りました。
.
.
.
.

2018年7月 7日 (土)

じゃがいもの収穫

今年は、じゃがいもも良い出来でした。

一部で少し浅く植えてしまったところがあり、その場所のジャガイモは皮がガサガサになってしまいましたが、とくに男爵はとてもきれいです。
.
20180622na_1
.
.
.
.
Rimg2896
.
2018.6.29.
.
.
Rimg2986
.
赤い色のじゃがいもがアンデスレッドです。(2018.7.3.)
.
.
20180703na
.
6月の半ば頃から収獲を開始、7月3日に収獲を終えました。
.
.
.
20180622na_2_2
.
掘りたて新鮮じゃがいもを、金沢駅西で直接販売。
とっても喜ばれましたよ。
.
.
.

«ズッキーニ良い出来です ♡